クラウドワークスって稼げるの?

2016年12月末からクラウドワークスでライターのお仕事始めました。ここでは嘆いているようでもありますが、楽しんでもいます。

今後お付き合いするクライアントさんの判断基準は、違和感があるかないか、ではないかと思います。

地味にブログタイトルを変えました。

まずは月に30万円稼げるようになるのが今年の目標なので、弱気なタイトルをやめて、わかりやすく目標をタイトルにしてみました。

それはどうでもいいとして…

 

私なりに一緒にお仕事するクライアントさんの判断基準ができてきたので、書いておこうと思います。

ツイッターなどで色んな方がいわゆる「地雷クライアント」の見分け方、などを共有してくれていますが、それとは少し違います。

あくまでも自分が気持ちよくお仕事できるかどうか、での判断基準なので、同じ感覚の方がいたらぜひ参考にしてください。シンプルに2つです。

 

1.最初のメッセージのやり取り(1往復)で違和感がないか

2.お仕事の途中でのやり取りに違和感がないか

 

まず1の違和感は、ファーストタッチのメッセージで違和感があるかないか。

たとえばこんなクライアントさん。

スカウトメールを送ってきて、こちらからやんわり辞退のメッセージ(もしくはやりたいお仕事だけど条件が合わない旨)を返信しているのにもかかわらず、それには返信をせずに新たな条件のスカウトメールを送ってくる方。

こういう方のお仕事は、新たな条件が自分の条件に完璧にマッチしていたとしてもお断りすることにしています。最初から意思疎通ができないし、顔が見えないからこそ大事にしたい部分が違いすぎると感じるから。

なんか無言で「じゃーこれは?」といった感じで、書類を投げつけられているような感じがするんです。違和感しかない。

 

ですが、必要最低限の返信をしてくれる方はこれには当てはまりません。少し冷たく感じることはあっても仕事ですし、それが当たり前だと思う部分もあるので全く問題ないです。指示が明確で無駄がなくレスポンスも早い場合が多いので、違和感ゼロ。

重要なのは、冷たく感じるかではなくて違和感があるかないか、ということ。

 

 

2の違和感は、1のファーストタッチはよくてもだんだん違和感がでてくるパターン。

打ち合わせでのスカイプや電話でのやり取り、チャットワークでのやり取りなどに違和感がでてきたら、契約しているところまではやりきって身を引くことにしています。

ここで間違えたくないのは、仕事内容は関係ないということです。

お仕事を進めていくなかで、当初は言われていなかったことが増えたり、自分に負荷がかかったりしても、クライアントさんと自分にとってプラスになるならそこに違和感がなければ大丈夫。気持ちよくお仕事できます。

でもメッセージや電話で違和感を感じるのなら、さっさと今のお仕事だけ片付けて身を引きます。

 

この2つの違和感は、いい条件の前だと飛んでしまうこともありました。飛んでしまうというか、感じないようにするというか。

でも後で、絶対に後悔すると思えるようになりました。違和感を感じながらも続けていると、自分の精神衛生上よくないことが多いです。

 

これは、クライアントさんから見た自分にももちろん当てはまることなので、十分注意しようと思っています。顔が見えないからこそ、人間性や思っていることが逆にストレートに出るのが文章だと思うから。

 

自分を適度に守りつつ、今のクライアントさんのお仕事に全力で取り組む。

自分から選んでいる以上選ばれることにはなるけれど、それでもその中で全力で取り組めば、気持ちのいい世界にいれるんじゃないかな、と思うのです。

5ヶ月間、クラウドワークスでやり取りして感じたことでした。